トンデケア 神経痛 薬

トンデケアは神経痛に非常に効果が高い薬です

ここでは、トンデケアの神経痛に対する効果について書いていきます。トンデケアは神経痛に効果のある薬なんです。

 

あなたは、長年の神経痛に悩まされ続けていませんか?私自身、かなり神経痛には頭を抱えていました。椅子から立ち上がる時、運動する時なんかに、電気が走ったような痛みに襲われて、思うように動けないことが多々ありました。

 

そんな痛みを解消すべく、色々な対策を人に訊いたり、インターネットで調べたりしましたが、どうも今一つ、効果のある解決策を見出せずにいました。

 

そんな時に、トンデケアと出会って、だいぶ、神経痛を抑えることが出来るようになりました。では、なぜ、私はトンデケアを飲んで神経痛を和らげることができたのでしょうか?詳しく調べてみたので、ここにまとめていきます。

 

神経系とは?

 

極力、難しくならないように、わかりやすく文章をまとめていきたいと思います。

 

まず、神経痛はその名の通り、「神経系」と大きく関わりがあります。そして、その神経系は2種類あります。

 

  • 中枢神経
  • 末梢神経

 

この2つが私たちの身体の中に張り巡らされているんです。

 

中枢神経

 

脳から背骨の中に納まっている中心となる神経のことです。

 

末梢神経

 

その中枢神経から手足や内臓、皮膚へと、まるで電線のように張り巡らされている神経のことです。この末梢神経の中に、痛みや触れた感覚を脳に伝える感覚神経というものがあります。

 

神経痛とは?

そして、一般的に言われる、神経痛とは、その感覚神経が何らかの原因で刺激を受けて、全身に張り巡らされている末梢神経の経路に沿って、痛みが走ることを言います。

 

つまり、感覚神経に何らかの刺激があってそれが痛みとなって脳に伝えられることを神経痛と言います。

 

神経痛は大きく分けて2種類ある

神経痛には大きく分けて2種類あります。

 

  • 症候性神経痛
  • 特発性神経痛

 

この2つの種類の神経痛についてザックリ解説します。

 

症候性神経痛とは、痛みの原因がはっきりとしているものを言います。対して、原因不明で引き起こされる神経痛を特発性神経痛と呼びます。

 

更に細かく言うと、症候性神経痛には3つの種類があります。

 

坐骨神経痛

お尻から太もも、ふくらはぎにかけて、身体の後面に痛みが走る症状です。鋭く電気が走ったような痛みで、主に身体を動かした時に痛んだりします。

 

肋間神経痛

背中から胸にかけて痛みが走る症状のことを言います。こちらは、突然鋭い痛みが走るような症状で、大きな声を出したり、深呼吸をして、肋骨を動かしたときに痛みが生じます。

 

三叉神経痛

こちらは、顔面に痛みが走る症状です。チクチクしたり、ズキズキしたような痛みが、目の周りや奥、額、頬などに生じます。

 

神経痛の症状と原因まとめ

ちょっと長くなってしまったので、ここで一旦まとめたいと思います。

 

  • 神経系には中枢神経と末端神経がある
  • 末端神経の中に痛みや触れた感覚を脳に伝える感覚神経というものがある
  • 神経痛はその感覚神経に何らかの刺激が生じて痛みとして脳に信号が伝わる症状
  • 神経痛には症候性神経痛と特発性神経痛2種類がある。
  • 原因が特定できている神経痛が症候性神経痛
  • 症候性神経痛には坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛の3種類がある

 

ここまでだけでも、かなり膨大な情報量のような気がします。ここから、本格的に、トンデケアの神経痛に効く効果の秘密に迫っていきます。

 

神経痛の大半は坐骨神経痛が原因

色々と神経痛の症状や原因について書いてきましたが、神経痛の大半が坐骨神経痛が原因で発症します。

 

神経痛の多くを占めているのが、坐骨神経痛です。坐骨神経はおしりや太ももの筋肉の中を通り、足まで延びています。坐骨神経痛になると、腰をはじめ、おしりや太ももの後ろ、ふくらはぎ、すねなどに痛みやしびれ、感覚のまひがあらわれ、時には歩行障害を伴うこともあります。坐骨神経痛以外の神経痛には、片側の胸に痛みが走る肋間神経痛などがありますが、神経痛患者全体の中ではごく少数です。

 

出典:姿勢でラクになる 神経痛 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

 

つまり、それが全てだとは言いませんが、いかに坐骨神経痛を改善できるかどうか、が神経痛を和らげる鍵となるんです。

 

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の主な原因は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と、腰椎椎間板ヘルニアです。ですが、難しい言葉はさておいて、腰部脊柱管狭窄症が発生する原因を辿ってみると・・・

 

結局加齢が原因

腰部脊柱管狭窄症の原因のほとんどは加齢なんです。加齢によって、背骨の中心部分である、脊柱管という部位が変形してしまい、脊柱管の内部の神経が圧迫されて神経痛となって、痛みが顔を出してきます。

 

また、腰椎椎間板ヘルニアは、姿勢の悪さなどが原因で引き起こされる神経痛です。

 

トンデケアは加齢によってダメージを受けた神経系を正常に働かせてくれる

トンデケアは、上記、加齢によって圧迫された神経の働きを正常に戻してくれて、痛みを緩和してくれます。主には、

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
シアノコバラミン(ビタミンB12)
ガンマーオリザノール

 

これらの成分を配合することで、加齢によってダメージを受けた神経系を正常に働かせる効果をもたらしてくれるんです。

 

トンデケアには神経や筋肉の機能維持に重要なビタミンが含まれている

また、トンデケアは、そうした神経系の働きを正常に戻してくれるだけでなくて、神経は筋肉の機能維持に欠かせないビタミンがきちんと配合されています。

 

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
シアノコバラミン(ビタミンB16)

 

主には、これらのビタミンが、トンデケアの神経、筋肉の機能維持に欠かせない成分なんです。ちなみに、先に挙げた、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)も、その機能に一役買っています。

 

3市販の薬を使う

 

神経や筋肉の機能維持に重要なビタミンB1、B6、B12などの有効成分を配合したビタミン剤が効果的です。また、鎮痛消炎成分インドメタシンやフェルビナクなどを配合した外用鎮痛消炎薬や、消炎鎮痛成分イブプロフェンが配合された内服薬も、効果があります。

 

出典:神経痛 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

 

トンデケアが神経痛に効く理由まとめ

いかがでしたでしょうか?いささか、専門的な用語も多数含めたので、かなりわかりづらかったかもしれません。

 

とにかく、トンデケアは

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
シアノコバラミン(ビタミンB12)
ガンマーオリザノール
フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
シアノコバラミン(ビタミンB16)

 

これらの成分を配合することによって、長年私たちを悩ませ続けてきた、神経痛を和らげてくれる効果があるんです。よって、トンデケアは神経痛に効く薬であると言うことが出来るんです。

 

トンデケアの全体的な詳細や体験談はこちらのページでまとめていますので、参考にして下さい。

 

トップページへ移行するためのボタン